なかなかの鬼練。1000m x 7 x 2 インターバル

本日は夕方から、いつもお世話になっている練習会のメンバーの方と二人でトラック練習。
ペース感覚を身につけたいという思いから、少しゆっくり目のスピードで1000mを7本、を2セットすることに。
設定タイムは3分40秒をちょっと切るくらいのスピードで。その代わりリカバリーは気持ち速目に。セット間は10分。

17時40分くらいに夢の島競技場に到着して3キロほどアップ。
18時30分に1セット目をスタートしました。

3分40秒っていうと普段のペース走とそんなに変わらないペース。
本数は多いものの比較的楽にこなせるんじゃないかなと油断してかかったら、甘かった。
1,2本目こそ余裕があったものの、じわじわと疲れてくる。
すっごい辛いというわけじゃないのだけれども、地味にずっと辛い。
ペース変化走みたいな形になっているからなのか。
それでも1本ずつ引っ張り合う形でなんとか設定通り1セット目終了。
3’39”-3’36”-3’40”-3’37”-3’40”-3’36”-3’37”
レスト200mはだいたい69秒くらい。

10分休んで2セット目。
2セット目に向かうときの気の重さと言ったら。
こういう時、複数で練習しているといいですよね。一人だったら絶対1セットでやめていたことでしょう。

ただ、スタートしてみると身体がスピードに慣れたせいか、1セット目よりも少し楽に感じます。
もちろん身体自体は疲労しているので、マラソンの中間を想定しながら、この局面をいかに楽に走るかということを考えながら走ります。
脚を使わず、なるべくピッチでカバー。
前傾意識して、呼吸を楽に。
ペースの変動は急にせず、徐々に自然にするように心がける。

6本目あたりからはさすがにしんどくなってきて、一刻も早く終わらせたいとの思いもあったのか、徐々にペースアップ。
ラストは500mくらいから切り替えて、3分23秒。
3’36”-3’39”-3’38”-3’38”-3’38”-3’35”-3’23”
レストはだいたい71秒くらい。

地味な辛さが長く続いたので、終わったときの安堵感と充実感は格別。
いいポイント練習になりました。

その後2キロほどダウンして終了。
ハンバーグドリアとビール1杯飲んで帰りました。
まあビールの美味しいこと。

カテゴリー: 技術的なこと パーマリンク